クレジット

【ハウスカード】審査はどんな感じ?

クレジット
SNSフォローボタン
ともをフォローする

ハウスカードと聞いて、何?

それはクレジットカードの種類の一つです。

日本で発行されているクレジットカードは、

  • 消費者金融系
  • 流通系
  • 信販系
  • 銀行系
  • 独立系

など、いろいろな系統に属しているカードがあります。

これらの各種系統から発行されているカードにはVISAやMasterなどの国際ブランド付きがあります。

その他に【ハウスカード】と呼ばれているものがあります。

クレジットカードを利用している人でも、【ハウスカード】という名前を知らない人は多いのではないでしょうか。

この【ハウスカード】ですが名前からして、ある一定の範囲でしか利用する事が出来ないカードに思えますよね。

それでは、実際にはどのようなクレジットカードなのでしょうか?

スポンサーリンク

ハウスカードとは:利用できる場所が限定のカード

まず通常のクレジットカードにはVISAやMaster、JCBなどのブランドが付いています。

ですが、このハウスカードは発行会社とその系列会社のみで利用可能な、利用箇所が制限されているカードになります。

利用箇所が制限されていますので、VISAやMaster、さらにはJCBなどのブランド付きカードと比べると利便性では劣ってしまいます。

もちろんVISAやMaster、JCBなどのブランドが付いていないので、日本をはじめ世界各国のVISAやMaster、JCB加盟店での利用はできないことになります。

ハウスカード自体にはVISAやMaster、JCBなどのブランドロゴが入っていません。

ですので、一目でそれらブランド加盟店での利用が出来ないという事は分かるはずです。

ただ、ハウスカードなは利便性は一般のクレジットカードに劣りますので、一般的なカード審査に比べてその基準が低くなっている傾向があるのです。

審査に不安のある人にはおすすめですね。

さらに、このハウスカードは発行会社及びその系列会社での利用に限定されます。

ハウスカードとはいえクレジットカードになるため、利用に応じて審査で重要になってくるクレジットヒストリー(以下クレヒス)が積み重なってきます。

ですので、このハウスカードは現在信用情報にクレヒスが無い、またはクレヒスが少ないという方にとってはクレヒス修行用としておすすめのカードとなっています。

ハウスカードの審査状況は

このハウスカードは、発行している金融会社自社及びその系列会社でのみの利用に制限されているため利用範囲が限定されています。

この利用範囲が限定されているという事は、それだけ決済に対するリスクも不特定多数を対象としている一般のクレジットカードよりも限定される事になります。

一般的なカードの利用範囲は日本はもちろん世界各国になっているのと比べると、自社及び系列会社のみの利用ですから、かなりその範囲は限定的と言えます。

そして、決済リスクが限定されているという事は、結果としてハウスカード審査は他の一般的なクレジットカード審査よりもその基準が低くなっているのが現状です。

逆に言えば、一般的なカードと同じ基準で審査を行えば、一般的なカードの方が各種特典や利便性の面で魅力的なため、顧客が集まらないリスクがあります。

ハウスカードの利用実績は今後の審査では有効

また、ハウスカードとは言ってもクレジットカードと同様に代金後払いで商品を購入する事が可能なのです。

その支払い実績はクレヒスとして個人信用情報機関の信用情報に積み重ねられる事になるため、クレヒス入門としては最適のカードと言えます。

ハウスカードを発行しているクレジットカード会社がVISAやMaster、JCBなどのブランド付きカードも発行していることがあります。

であれば、ハウスカードで実績を作る事によってその金融会社から信用を得る事が出来るため、その後ブランド付きのカード審査では優遇される可能性が高くなります。

現在個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されているという方は、まずは開示請求を行い信用情報から事故情報が削除されたことを確認してからハウスカード審査に申込を行ってみて下さい。

無事審査に通りカードが発行されたら利用実績を積み重ねて信用力をアップさせましょう。

その後、ハウスカードを発行しているクレジットカード会社のブランド付きカードに申し込むという流れが良いかと思います。

ちなみに、現在日本でハウスカードからVISAやMasterなどの国際ブランド付きカードへのアップグレードが可能なものは、日産カード(ハウス)やコスモザカードハウスなどがあります。

審査に不安のある方はこのハウスカードでの実績作りも検討する事をお勧めします。

まとめ

ハウスカードで良好な利用実績を積み重ねておけば、その後同じクレジットカード会社が発行しているブランド付きのカード審査に通る可能性が高くなります。

ですので、審査に通らない人はこのアップグレードの利用はブランド付きカード取得への近道になります。

コメント