住宅

【人気のカーポート】メーカー3選

住宅
SNSフォローボタン
ともをフォローする

住宅を購入した人や購入予定の人のなかで、外構設備の一つであるカーポートを検討している人もいるでしょう。

価格がリーズナブルなカーポートやサイクルポートを検討する理由としては、敷地内の建物に隣接させて車や自転車などを太陽光、雨や飛来物などから守る目的で、設置されるのが多いのではないでしょうか。

カーポートと言っても、メーカーや種類も多く、何が良いのか悩みます。

今回は、人気のカーポートのメーカーと種類をご紹介します。

スポンサーリンク

■カーポートとは

カーポートは、柱と屋根でつくられる建築物である。

壁などがある、車庫とは別のものとして、扱われている。

簡易的に出来ているカーポートであるが、下記の建築基準法に明記されているように、建築物として扱われる。

【建築物 土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)、これに附属する門若しくは塀、観覧のための工作物又は地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに線橋、プラットホームの上家、貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)をいい、建築設備を含むものとする。】建築基準法 第二条第一項引用

カーポートは、雨天時の際、車の乗り降りで濡れずに済みます。

また、太陽の光から車の劣化を防ぎ、メンテナンスのしやすさも、メリットです。

価格も、壁などがある車庫と比べ、安く設置出来るのも魅力。

■カーポート 人気のメーカー3選

1位 LIXIL(リクシル)

カーポートを考えている人で、初めに聞くのが、国内シャア№1であるLIXIL(リクシル)だと思います。

LIXILは、住宅設備メーカーである【INAX】【TOEX】【トステム】【サンウェーブ】【新日軽】が統合してできたメーカーです。

特徴
バリエーションが豊富!
車1台用、2台用、ワイドタイプ、フラットタイプ等、様々なサイズを揃えている。
カラーバリエーションも豊富で、車や住宅に合わせて選べ設置できるので、家の雰囲気をこわさない。
屋根材の種類やオプションも豊富で、予算に合わせて最適なカーポートを設置できる。
価格
価格は、約23万~約240万円
低価格なクラスからデザイン重視な高価格なクラスとラインナップがあり価格帯も広い。

2位 三協アルミ

独自のスタイルでかっこよさを考えるなら、三協アルミです。

三協アルミは、メーカー名にあるように、アルミ製品に特化したメーカーです。

特徴
独自性のあるユニークな形や効果などが特徴。
オシャレで人気のMシェードや格安で性能も良いカムフィエースなど、性能や見た目にカッコいいなど、豊富なライナップ。また、他社にはない、太陽光発電を積載しているもの、背面にのみ柱があるカーポートで、車の出し入れがしやすものある。こだわりの強い人におすすめ。
価格
価格は、約22万〜約300万円
デザイン性や機能が高いものは、300万円を超えてくるなど、幅広い価格帯である。予算に合うものを選び、スタイリッシュなカーポート選びができる。

3位 YKKAP

建材のメーカーでは、LIXILの次に大きい国内メーカーです。

扉や窓によく聞く名前だが外構設備も取り扱っています。

特徴
コストパフォーマンスが高いのが特徴。他社に比べ、低価格でありながら機能性や耐久性も高く、シンプルなデザインになっている。日本製の安心安全とYKKのブランドの信頼で人気。
積雪に強いポリカ屋根使用のカーポートも豊富で、雪の多い地域にはおすすめ。
価格
価格は、約15万〜約130万円
低価格でありながら、機能性、耐久性に優れている。
サイズも豊富で、コストパフォーマンスが非常に高い。

■まとめ

どのメーカーも、低価格から100万円超えるカーポートあり、機能性や耐久性、見た目など、様々です。

カーポートは、壁などがある車庫と比べ、価格が低い点や設置にかかる期間が短いという魅力があります。

しかし、設置工事費など別途かかってきます。

自分の住宅環境や予算にあったカーポートをしっかり選んでいきましょう。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント