通信

7GBの制限ってドコモは何時になったら解除される?

通信
SNSフォローボタン
ともをフォローする

通信制限はいつまで続く?

時間きっかりに解除・・・ってわけにはいきません

月末になると、いつ通信量をオーバーして速度制限が掛かるかと
ビクビクしながらスマホを使っていませんか?

それぞれ契約している1ヶ月通信量の上限(一般的な定額プラン
なら7GB)を越えると通信速度に制限が掛かります。

この制限が掛かると動画はもちろん、サイトの閲覧ですらストレスを
感じるほどの速度にまで落ちてしまいます。

では、この速度制限はいつになったら解除されるのでしょう。

基本的には請求締め日の翌日、簡単に言うと月が変われば
制限が解除されるということが多いようです。

大手キャリアを例に見てみると
・ドコモ、au・・・毎月末締め、翌月1日解除
・ソフトバンク・・・毎月末締め、翌月1日解除
毎月10日締め、当月11日解除
毎月20日締め、当月21日解除
となっています。

ソフトバンクだけは契約した時期によって締め日が変わるので、
自分の締め日がいつなのか確認しておかないといけないですよ。

ただ注意しなければいけないのは、日付が変わって解除日の
午前0時ぴったりに一斉解除されるわけではないということです。

いずれも「順次解除」となっており、ぴったりに解除される人もいれば、
1時間経っても解除されない人もいます。

数十分経っても解除されないからと焦って、
追加課金しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

制限を解除するには

待つか買うかそれとも・・・

通信量オーバーによる速度制限を受けてしまった場合には、
解除日をただひたすらに座して待つのが手間もお金も掛からない
方法です。

しかし、1ヶ月を待たずして上限をオーバーするほどネットをする
人が、例え1日でもネットをせずにいられるわけがありませんよね。

1分でも1秒でも早く解除したいのであれば、追加料金を払って
データ量を増やすしかありません。

料金プランによって違いはありますが、
・1GB1,000円
・2GB2,500円
などを購入すれば、即時制限の解除が出来ます。

締め日まであと数日だけど、「この気持ちをすぐあのコに伝えたい」
なんて場合はこの方法でも良いでしょう。

しかしあと10日も2週間もとなると、1GBや2GB追加したところで
足りるわけがありませんよね。

だからと言って何回も追加料金を払っていたのでは、
支払い額が膨れ上がってしまいます。

そんな場合は、ポケットwifiを使うという方法もあります。

2GBを追加で買うと2,500円掛かりますが、
ポケットwifiに格安SIMを組み合わせると2GBが1,000円以下で
済むこともあります。

また、WIMAXなら月額4,000円未満で通信量無制限と
なっています。

月に2回も3回も追加料金を払うぐらいなら、
ポケットwifiを使った方が断然お得ですね。

解除を待つしかない制限

お金をいくら積んでも即時解除はされません

月間の通信量制限以外に、契約しているプランによっては
「直近3日間」の通信制限が設けられていることがあります。

この「直近3日間」通信制限の上限は1GBや3GBといった場合が
多いようです。

月間の通信量オーバーによる速度制限は、
追加料金を支払うことで即時解除することが出来ました。

しかしこの3日間の通信制限に対しては、
即時解除をする方法が設けられていない場合がほとんどです。

要するにこの制限が掛かった以上は、泣こうが喚こうが札束を
何個積もうが、解除される時間が来るまで待つしか無いんです。

また、この「直近3日間」の通信制限には注意しなければいけない
ことがもう一つあります。

例えば「直近3日間で1GBを越えたら制限が掛かる」場合、
・1日目・・・0.4GB
・2日目・・・0.3GB
・3日目・・・0.3GB
と使ったなら、4日目に制限が掛かり翌5日目には解除されます。

ところが1日で1GBを使ってしまった場合には、
翌日から3日間制限が掛かることになるんです。

ただしこの「直近3日間」の制限は、ドコモでは既にほぼ撤廃されて
おり、auとソフトバンクでも一部撤廃や緩和がなされています。

自動追加オプションにご注意を

知らない内に課金してるかも・・・

追加でデータ量を増やす際は、通常は追加する度に手続きをして
課金されるようになっています。

実は大手キャリアには、月間の通信量をオーバーしたら自動的に
課金してデータ量を増やすオプションがあります。

それぞれ
・ドコモ・・・スピードモード
・au・・・エクストラオプション
・ソフトバンク・・・快適モード
というものです。

追加の度に手続きする手間も省けますし、速度制限を受けることも
ないので、一見便利なオプションのようにも思えます。

ところが、知らない内に通信量が際限なく増えて請求金額が
とんでもなく高額になった、なんてことになりかねないのです。

そうならないように、あらかじめ追加するデータ量や回数に上限が
設けられるようにはなっていますが・・・。

また販売店によっては、MNPなどの割引を受けるために、
このオプションへの加入を義務付けられることがあります。

「使わなければ料金は掛かりません」と言われて加入したものの、
自動だけに知らない内に使って料金が掛かったということが
実際にあるようです。

このオプションはユーザーの手間を省くためのものなのか、それとも
ユーザーの課金への警戒感を薄めさせるためのものなのか・・・。

にほんブログ村 ネットブログ ネット生活へ
にほんブログ村

コメント