住宅

おすすめ!建売住宅購入メリット

住宅
SNSフォローボタン
ともをフォローする

いつかマイホームを持ちたいと、目標を持つ方はいるでしょう。

またこれからマイホームを購入する予定の方もいるでしょう。

今回は住宅購入を考える際、
まず初めに【建売住宅】or【注文住宅】にするか選択肢で悩みます。

少しでも選択の際の参考になるよう【建売住宅】のメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

建売住宅とは

建売住宅は、売主が土地・建物をセットで販売する住宅物件のことです。

間取りや建物の資材などが決まっており建物が完成した状態で販売されることが多い。

似たような条件の住宅物件に分譲住宅があります。

分譲住宅は、住宅建築を目的に整地した土地を分割し、建てられた建物をまとめて販売する住宅を指す。

この分譲住宅も土地・建物をセットで販売するため、同じ意味として使われる。

簡単に言えば、分譲地で建てられた住宅を『分譲住宅』といい。

それ以外の土地で建てられた住宅を建売住宅と言われる。

建売住宅購入メリット5選

価格が手ごろ

初めに説明したように、建売住宅は、土地・建物がセットで販売される。

そのため建物に使われる資材は間取りや外観などの条件が同じ建物で使用することで材料をまとめて購入できます。

そういったことで、無駄な材料が出ないことで経費を抑えることができる。

さらに建物の計画や規格などが決まっていることで打ち合わせや申請などの経費を抑えられることも価格を抑えられる理由である。

資材を大量に仕入れる為、材料費を抑えて建物ができ価格を抑えられる。

間取りが決まっており家づくりの打ち合わせなどに人件費をかけることが少ない。

計画や規格が決まっており申請などの諸費用が少ない。

良い立地の土地が見つかりやすい

建売住宅は条件の良い土地を不動産会社やハウスメーカーが土地をまとめて買い上げます。

駅の近くなどの土地を見つける前にそういった不動産業者が抑えてしまうため、なかなか良い立地の土地を見つけるのはむずかしい。

また売り出されている広い土地は価格が高く、なかなか手を出しづらいこともある。

建売住宅で探す方が条件が良い物件が見つかりやすい。

物件を内覧して探せる

建売住宅は建物が完成した状態で売り出される事が多く外観や間取りを確認し、実際のライフスタイルを想像しがら探すことができる。

自分がイメージしたの違うといった購入してからの後悔などが少ない。

入居までが早い

建売住宅のほとんどが完成しいたり、完成までの期間が短く入居までが早い。

ローン審査が通れば即入居でき転勤・転校で急いで住宅が必要な方にはメリットになる。

時間と手間を省ける

仕事の合間や休日に建物打ち合わせを何度もし住宅のことを調べ学び、工事中はチェックなどを行うと言った労力を省く事ができ時間と手間を減らすことができる。

まとめ

建売住宅は、ローコスト住宅とも言われ「安かろう、悪かろう」と思われがちですが
耐震性や耐熱性がしっかりしている住宅が多いです。

価格が手ごろなどメリットも多く夢のマイホームを手に入れる近道ではあります。

もちろん理想の家・間取りにこだわる方にはデメリットですが、時間や手間が少なく節約できたお金ができます。

自分の理想に近づけるためのリノベーションやDIYができると考えれば、新たな夢や目標になります。

少しでもマイホームを手に入れたいと思う方の参考になれば幸いです。

コメント